KORn’s diary

かおちゃんとママの日常

カタカナを教える

今日からカタカナを教えていこうと思います

まずはアセスメントをしました

f:id:KORn:20170919013135j:image

 全部書いてもらったのですが

わからないところは飛ばしていいよーといってます。

よく見ると鏡文字(ナ、ノ)もあります。

まあ、半分ぐらいは書けたでしょうか。

 

文字の形としては成り立っている、読めるものもありますが

書き順がひどいもんでした

ビデオ撮ってあるので

隙を見つけて確認したいと思います

 

はじめが肝心で

書き順をそのままにしていると

かおちゃんの場合

ズーーっと治らないです。

なので書き順は徹底的にやるかなっと

こんな感じで頭のツノがヒョコっと見え隠れしております

 

で楽しいことも作ってあげたい

とも思い、手袋じゃなく

こんなものを夜なべして作ってみた

母なのでした

 

f:id:KORn:20170919013030j:image

 

大好きな電車でいっぱい覚えてね😊

 

足し算を教える

f:id:KORn:20170912235107j:plain

小学校で使う算数セットにはいっている点数棒をつかって足し算を教えています

くもんにて、現在自力で暗算でとけるものは15+8とか

ひとけたの繰り上がりのあるものです。

 

今回は「計算出来る力」

ではなく

「難しいものでも確認して解けば正解出来るんだ」

ということを学んでもらうために

あえて少し難しい出題をしています

 

かおちゃんは運動協調も苦手なので指先の使い方がへたっぴ

そして、何をするにも雑なので

まずはこのグッズの使い方に慣れてもらうため

優しい一桁+一桁で練習しました

 

ipadにひつだんというアプリをホワイトボード代わりにつかって

その場でてきとーに私が問題を作り、解いてもらいます。

 

このセラピーを約一ヶ月ほどやってみました

今では二桁+二桁の計算が出来るようになりました

不器用だった道具の使い方も、回数をこなすうちに

スムーズにはなってきました。

しかし

油断して適当にすることもあり

片手で操作しようとしたりします

慎重さがほしいですね〜!

 

点数棒を使う前に、頭のなかで計算をさせ、わからなくてもいいから

自分が思う数を書いて(言うでもオッケー)もらう。

「じゃ、この問題あってるか確認しようか?」

と言って点数棒を使って計算させる

という流れが最終型になります

 

現在繰り上がりのある、二桁+二桁までは棒を使ってできています。

棒なし、でも繰り上がりのないものはほぼ出来てきましたし

繰り上がりのあるものも、あと一息の線まで来た感じがします。

100を超えるものも少しやりましたが、700とかになると微妙です。

まだ10の位、100の位の概念が薄いです

なので、199+1なんかは何度もやってみましたが

身についていません。

 

計算もたくさんできるに越したことはないのですが

まだ未就学ですし、オーバースペックだと思います。

 

今は、点数棒をつかえば自分で確認できるんだ、ということを

学んでほしいので

後はご家庭で取り組んでみてくださいと

セラピストからも言われたので

次回からは書字に取り組みたいと思います。

 

f:id:KORn:20170912235148j:plain

で、セラピーが終わったらずっと組み立ててみたかったらしい

点数棒よ、家になっちゃってるし!

セラピー中に気がそれてしまいママの話を聞かず

組み立てて手遊びをしてしまったので

後ろに立たされたかおちゃんであった・・・。

(警告の軽いタイムアウト

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:KORn:20170912233753j:plain

今日はSTでした。点つなぎは筆記でやる時もあればこのように輪ゴムをつかってのときもあります。

この日は難しいのに挑戦したい!と本人たっての希望で

一番難しい模様を選びました。

が、やっぱり難しいので自力でやるのは無理でしたが

時間をかけて最後まで取り組むことができました

 

かおちゃんは持っているものは高いと思うのですが

丁寧さがたりないんですよね。

確認するとか、見直しとか、慎重にとかいう概念は

すっぽり私のお腹の中に置いてきてしまったかのようです

 

この日は、私も持っているのですが

先生が新しい本を持ってきてくださいました

 この本を使うときは主にスカイプ(今はZOOM)でのセラピーのときです

今日のSTでは

文章を先生が読んで色の名前が幾つ出てくるか答えてね、というものと

人の名前が何人でてくるか答えてね、という2つをやりました。

短期記憶はまあまあ出来るのかな?

2つとも答えられていました

 

その後は

絵カードで誰が、何をした、というのを答えてもらったり、選んでもらったりしました。

 

うさぎが、女の子をおしています。だったり

男の子を女の子がおします。など

助詞の使い方も会話の中では大切になってきます。

この課題は結構小さいときでもできていたので

得意な方かもしれませんね

 

誰が、誰をおしたの?というふうに先生が聞いたのですが

三輪車に乗った男の子の背中をうさぎが押していると答えていました

すごく忠実で正解なのですが、先生の問の答えではないですよね・・・。

 

 

公文

だいぶご無沙汰です

随分あいてしまいましたが

元気に過ごしております

かおちゃんも早いもので年長さんが半分終わろうとしております

今日は5月から始めた公文について書こうと思います

 

歩いて5分、ママはとっても楽チンです

今までこんなに近い習い事、療育、病院はなかったですからね〜!

日によって集中の具合は違いますが

頑張って通ってくれています

 

学研の何が嫌だったかというと

一枚一枚出されるプリントに名前を書かせられることが

とっても苦痛だったそうです

えええーっ?っと思いましたが

本人は

「なんでいちいち書くの?めんどくさい」

だったようです

公文では5枚ずつ書けば良い(宿題の場合のみ)

だそうです

がんばれ、かおちゃん!!

 

現在、かおちゃんは年長さん真っ只中です

くもんでレベル判定のテストをうけて

適正なレベルからスタートです。

かおちゃんは書字が苦手なので

数字もうまくないし、文字なんてひどいもんだったので

負担がなくできるところからのスタートにしていただきました。

 

国語5枚、算数10枚が一日の宿題です。

毎日丁寧に見てあげたいと思います。

曽山先生

先生の講演が3月にあったのですが

その抜粋youtubeがあります

https://m.youtube.com/watch?v=yZnonWtSTaE

 

手の甲じゃんけん

早速やって見たいと思います

 

先生の講演、これとは違うのですが

数ヶ月前にディスレクシア協会主催の

ものを聞きにいった事があります

先生、話がめっちゃ上手!

2時間飽きません

帰りに就学について

一つ質問したのですが

丁寧にお答えいただけました

 

その講演で印象に残っているのが

「目指すはちびまる子ちゃんの生活」

だそうです

 

先生には

まだ小さいお孫さんがいて

まる子と友蔵みたいになりたいそうです

友蔵のなんでも受け止めてまるちゃんを包み込む愛情が素晴らしい!!

といってました

まるちゃんの自己肯定感、バッチリです

 

まる子の学校の友達も

実に多彩で

中には

この子って今で言う発達障害??

な子供も出て来ませんか?

とおっしゃっていました

昔はそれでも一緒に学べたし

昨今のいわれるように

障害があるから〜という

視点もなかったので

個性として認められていたと。

そして、まるちゃんの生きた時代には

叱ってくれる親や

近所の人もいました

今そういう大人って

私の周りには

残念ながらいません

次に引越しをするのならば

そういう大人がいそうな地域が

いいのかなー

人の目が届く地域で周りの力もかりて

のびのび子育て、して見たいですね

 

年度末、療育見直し月間

子供の療育スタイルですが

年度末見直し月間がやってきました

 

我が家はABA主体の育児と療育で取り組んできました

今後もABAは変わらず取り入れていきたいと思うのですが

約四年通ったABA療育施設をこの度

やめる事にしました!!

かおちゃん、おかーさん思い切ったよ!

 

このお教室で素晴らしいご家族との出会いもありました

1歳代という小さな頃から

親と子供の成長をずっとみてくださいました

ここに通うために仕事も慣れ親しんだ

島暮らしも捨て

縁もゆかりもない、旅行ですら行った事がなかった土地に移住し

今があります

 

そして今回

その療育をやめるという決断をしました

 

バナナの皮をペロッと剥くぐらい

迷いのないスッキリ決断が

最後にはできました

(しかし、そこの至るまでに約半年はどろっどろに迷ってましたよ)

 

これからの療育については別で書きたいと思います

 

 

 

 

今日のST

保育園をお昼を食べて早退後

STの後にPTを受け、その後はプール、さらにその後は

耳のトレーニングと盛りだくさんの一日でした

ママは最近バタバタしていて

スケジュール管理がうまく行っていないので

忘れ物やらすっぽかしが幾つかあります

そして、この日も肝心な

プールバックを忘れてしまい

片道30分以上かけて家に取りに帰ることになりました

時間がもったいないので

いつもは訓練中は一緒について何をやるのかメモを取っているのですが

今日は背に腹はかえられず、お願いして急いで家に帰りました

 

f:id:KORn:20170328135653j:image

こんなことしました、とくれたプリント

すごく頑張った!!

おそらく問題はスラスラとけるんだろうけど

書くのがものすごく大変だったのでしょうね

消しゴムでけした跡がいっぱいだし

文字の配列がわからず先生の手助けの点線やらやじるしやらが

幾つか見られます

すごく頑張って仕上げたんだね〜、上手に書いてあるから伝わるよ〜!!

って言ったらニンマリしていました

セラピー中は興奮気味でしたが課題はやれていましたよとの先生の言葉に

ホッとしました

忘れ物した自分のせいだけど、そばで見ていたかったなぁ