KORn’s diary

かおちゃんとママの日常

スイミングスクール

昨日は保育納めでした。

 

今日は朝から事前に申し込んでおいたスイミングスクールの体験レッスンと

その後言語療法へ行ってきました

 

スイミングはスポーツクラブの中にあるものです

保育園から20分くらいのところにあるので

どうかなーと思ったのですが

スイミング専門のところに今まで通っていたので

いろいろな面で物足りなさを感じつつ帰ってきました

かおちゃん本人は楽しかったよ〜!!

って何度も言っていましたが

スイミングやりたい!ようです

新しもの好きなのでさらっとそこは聞き流すことにしました

やはり前回通っていたスイミングスクールのほうに行こうかと思います

距離が遠いし、保育園を早退しないと通えない、値段が割高

入会特典は再入会なので使えない

(入会金やら手数料やらで一月分くらい余分にかかる)

などいろいろマイナス面はあるけれども

餅は、餅屋。やっぱりそれ専門で看板上げているところで

習うのが一番近道なんだと思いました

 

かおちゃんはよく動くし(無駄な動きが多くじっとしていられない)

指示の取りこぼしが多く先生やお友達に迷惑をかけることが

たくさんあるのだけれども

前回のスイミングスクールの先生は根気よく付き合ってくださった印象があります。(先生でも何人かはあれ??って思う人もいましたが)

お友達ともトラブルなく過ごせていたと思います

なるべく少人数で参加出来るレッスンのところに

入れるように保育園とのバランスを考えて

通いたいと思っています

 

ちなみにスイミングの先生にはカミングアウトしていません

もし困りごとが出てきたときには

特性だけを伝えて対応をお願いしようかと思っています

発達しょうがいの知識の薄い人だったり、いままで障害を持った人に

出会ったことのないという場合

うちの子ども、◯◯でして・・・・。

と話しても診断名だけが独り歩きして

そこばかりに目が行きかねないからです

視野が狭くなるのはよくないとおもうので

子ども自身をみてもらうためには

伝える必要がないかな、と考えました

大きなトラブルが出てきた時にはまた違う対応が必要になると

思いますが今はこれでやっていく予定です