読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KORn’s diary

かおちゃんとママの日常

保育士試験実技

保育士試験、実技試験

受けて来ましたよ

もう風邪で声がちっともでなくって

完全にアウト

声を聞けば誰でも風邪ひいて

声出ないんだなーこの人!

ってわかるレベルでした

正直、喋るのもしんどかった

 

でもお金も勿体無いし(ケチ)

次に活かせるかと思い

切り替えて

受けることにしました

はっきりいって受かる受からないよりも

こんなに声出ないくせに

歌って朗読しなけりゃならないっていう

まるで羞恥プレー!?でした

 

試験は朗読は

「にんじんだいこんごぼう」

を読んだのですが

つっかえることなく読み終えました

しかし

タイムキーパーの方が

いつストップウォッチの開始を押したのか

全然分からず(多分喋り始めて少ししてからだったと思う)

ゆっくりを心がけていたし

練習通りだったし

結構うまく行ったと思っていましたが

何故か時間が15秒以上余ってしまいました!

3分は退室できないので

読み終わってから

シーンとした空気が流れ

じっとしている時間がものすご〜く長く感じられました

9時半開始でトップバッターだったということもあり

かなり不利だったなーと

そこに責任を勝手に擦りつけさせていただき

試験は終わりました

 

次のピアノで弾き語りですが

マスクを外しそびれていたかもしれません!

かなり緊張しました

というのは今まで家で弾き込んでいた伴奏の音階を

前日の晩に

全て変更したからでした

手がまだ覚えていなくって

前奏二回ほど引き直しました

カタツムリの方がお化けなんてないさよりも

音階を下げるとシャープが多くって弾きにくかったです

ちなみに

お化けなんてないさはノーミスでした

私ピアノは自信あったんですよ

結構真剣に若い時はやっていたし

でも直前っていうにはやっぱり無理なんだなーと感じました

試験で緊張もするし

相当弾き込んで臨まないとダメなんだなって勉強になりました

ピアノの発表会でも緊張はしたけど

弾いているうちに緊張が段々なくなって来ていました

しかし今回は試験でプレッシャーもありますし

歌いつつ、かつ曲は短いので

一発勝負感が半端なかったです

 

歌も声が出ないので

強弱はあまりつけられませんでした

ものすごく低い音で歌ったので

(模範教材より3度、5度下げた)

声も小さいしペダルもガンガン使ったので

聞こえなかったと思います

 

もう終わった事なので

振り返らず

結果は神のみぞ知る!

といった気分ででーんと反省もせず

年越ししそうです

受かったらそれこそ奇跡です

 

風邪を引かないようにしていたし

念のため怪しいって思ったので

一週間前に病院にも早めに行っていたのに

見事に喉にきちゃったのは

やっぱりゆっくり休んでいなかったからだと思います。

完全に自分が悪いです

それと1番の原因は

年ですね!!

次頑張ります〜!