KORn’s diary

かおちゃんとママの日常

足し算を教える

f:id:KORn:20170912235107j:plain

小学校で使う算数セットにはいっている点数棒をつかって足し算を教えています

くもんにて、現在自力で暗算でとけるものは15+8とか

ひとけたの繰り上がりのあるものです。

 

今回は「計算出来る力」

ではなく

「難しいものでも確認して解けば正解出来るんだ」

ということを学んでもらうために

あえて少し難しい出題をしています

 

かおちゃんは運動協調も苦手なので指先の使い方がへたっぴ

そして、何をするにも雑なので

まずはこのグッズの使い方に慣れてもらうため

優しい一桁+一桁で練習しました

 

ipadにひつだんというアプリをホワイトボード代わりにつかって

その場でてきとーに私が問題を作り、解いてもらいます。

 

このセラピーを約一ヶ月ほどやってみました

今では二桁+二桁の計算が出来るようになりました

不器用だった道具の使い方も、回数をこなすうちに

スムーズにはなってきました。

しかし

油断して適当にすることもあり

片手で操作しようとしたりします

慎重さがほしいですね〜!

 

点数棒を使う前に、頭のなかで計算をさせ、わからなくてもいいから

自分が思う数を書いて(言うでもオッケー)もらう。

「じゃ、この問題あってるか確認しようか?」

と言って点数棒を使って計算させる

という流れが最終型になります

 

現在繰り上がりのある、二桁+二桁までは棒を使ってできています。

棒なし、でも繰り上がりのないものはほぼ出来てきましたし

繰り上がりのあるものも、あと一息の線まで来た感じがします。

100を超えるものも少しやりましたが、700とかになると微妙です。

まだ10の位、100の位の概念が薄いです

なので、199+1なんかは何度もやってみましたが

身についていません。

 

計算もたくさんできるに越したことはないのですが

まだ未就学ですし、オーバースペックだと思います。

 

今は、点数棒をつかえば自分で確認できるんだ、ということを

学んでほしいので

後はご家庭で取り組んでみてくださいと

セラピストからも言われたので

次回からは書字に取り組みたいと思います。

 

f:id:KORn:20170912235148j:plain

で、セラピーが終わったらずっと組み立ててみたかったらしい

点数棒よ、家になっちゃってるし!

セラピー中に気がそれてしまいママの話を聞かず

組み立てて手遊びをしてしまったので

後ろに立たされたかおちゃんであった・・・。

(警告の軽いタイムアウト